祈る気持ちに決まりごとなんて無い。

ライフスタイルや価値観の多様化に代表されるように、「祈り」や「供養」のスタイル・空間も変化しています。
家族みんなが過ごすリビングやダイニング、落ち着く寝室、お客様も訪れる玄関……様々な場所…

これまでの「祈りのかたち」に私達が合わせるの?

供養や祈りに際しては、『従来の形式に従わなければいけない』というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。
もちろんこれまでの形式にのっとったスタイルが不要ということではなく、むしろ大切に引き継いでいかなくてはならない面も当然あるでしょう。

ナユタは、従来の形式の考え方とは少しスペースを置いています。
「手元供養」ということばを耳にすることも多くなってきました。

"大切な人を、いつもの空間で、いつものように想いたい"
そんな自然な気持ちを、現代の生活空間やライフスタイルに、より調和するよう「リデザイン」した"祈りのかたち"がナユタです。

手元供養にぴったりな、メモリアルモニュメント en(エン)メモリアルフォトフレーム sai(サイ)をどうぞご覧ください。

祈りのかたち再構成の必要性
「祈:リデザイン」とは。

祈る気持ちに決まりごとなんて無い。

ナユタは仏壇でもオブジェでもない「新しい祈りのかたち」です。手元供養にどうぞ。

手元供養に最適な、ナユタのメモリアルモニュメントen(エン)、メモリアルフォトフレーム sai(サイ)のご案内。デザインや仕上げ等の詳細がご覧いただけます

ナユタが提唱する手元供養「じぶんスタイルメモリアル」とは?

写真で見る「じぶんスタイル メモリアル」ナユタと仏具など手元供養品とのコーディネート例もご覧いただけます

TOPに戻る↑